症状のはじまりと受診のきっかけ

ここでは、どのように前立腺がんの徴候に気づいたか、受診から診断に至るまでにどのように感じ、考え、行動していたかについて、体験者の声を紹介しています。

排尿のトラブルに気づく

初期の前立腺がんは、自覚症状がほとんどありません。がんが前立腺内の尿道を圧迫する程度に大きくなると、排尿に関するさまざまなトラブルが生じてきます。具体的には、尿が出にくくなる(排尿困難)、尿の回数が多くなる(頻尿)、排尿後に尿が残った感じがする(残尿感)、尿意を感じるとトイレまで我慢できない(切迫尿)、下腹部不快感、血尿などです。

前立腺の良性疾患と思って病院に行く

これらの症状は、前立腺肥大症や前立腺炎(前立腺の良性疾患)の症状に、とてもよく似ています。インタビューを受けた人の中には、症状が出たとき、この良性疾患だろうと思って受診したという人もいました。また、一度医師に診てもらって良性疾患として治療を受け、その後がんが見つかったという人もいます。

他の症状で泌尿器科にかかり偶然見つかる

全く別の症状で受診したら、たまたま前立腺がんが見つかったという人もいました。尿管結石の治療中に、偶然見つかったという人もいましたし、風邪薬のせいで血尿が出て病院を受診したら、がんの発見につながったという人もいました。

整形外科を経て見つかる

排尿トラブルだけでなく、身体のあちこちに不調があったと語る人もいます。特に、前立腺がんは、進行すると骨に転移しやすいがんなので、腰痛や身体の痛みから病院を受診し、整形外科にかかって泌尿器科を紹介され、前立腺がんが見つかったと語る人もいました。

原因が見つからず、診断まで時間がかかる

ある男性は、前立腺がんという診断にたどり着くまで、大変な苦労があったと語りました。胃のむかつき、不眠、しびれなど、原因不明のさまざまな不調があり、積極的に人間ドックやあちこちの病院を受診していましたが、どこでも「異常はない」と言われ続けていました。前立腺由来の排尿障害の症状が軽かったため、前立腺がんだとは思いもよらなかったといいます。