※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

診断時:60歳
インタビュー時:61歳(2008年8月)
診断時は首都圏で妻と二人暮らし。定期健診で精密検査となり07年7月に診断を受けた。ホルモン療法が唯一の治療と言われ様々な心労が重なりうつ状態に。定年後、再雇用制度で継続勤務予定だったが病気を理由に更新を拒否された。故郷九州に戻り信頼できる医師と出会い諦めていた放射線治療が可能と言われ08年2月から併用治療を受けた。将来転移再燃の不安はあるが現在は安定。知人の和尚さんとの対話に多くを学ぶ日々である。

詳しいプロフィールを見る

あの、検査される方とか、レントゲン室の、放射線室の方とか、ものすごくこう…どういうのかな。幼稚園生をいろう(世話をする)ように、優しくて笑顔があって。特に私の場合は…閉所恐怖症なんですよ。もう図体でかいけども、駄目。もうあの、ああいう狭いとこ入ったらね。で、最終的に、何かグーッてして、狭いカプセルみたいなところに入らないかんでしょ。もう発狂するか分からんと思って、半分冗談めかして、検査技師の方、確かあの時は男の方と思いましたな。ああ、ペアで来られとったな。その方に、「ああ、ちょっとわしはもう閉所恐怖症で。途中で発狂したらどげんしましょうかいな」って話したら、にこにこ笑いながら「ああ、大丈夫ですよ。ここ、スイッチ、あなたに預けますから。もう、どーうしても辛抱たまらんっちったときは、それを押してください」って言うて。うん。そうなると、最前の話みたいに、言うてもらうと安心するんですな、うん。で、その間はしかし、もう硬直して「うーーーん」っちゅうなもんで。間違えてボタン押すんじゃなかろうかと思って、そっちのほうが自分で心配しながら。思い出したくもないけど…ああ…。もうでも、狭いとこ平気な人が大半なんでしょうけども。そういうことはありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る