※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

診断時:60歳
インタビュー時:61歳(2008年8月)
診断時は首都圏で妻と二人暮らし。定期健診で精密検査となり07年7月に診断を受けた。ホルモン療法が唯一の治療と言われ様々な心労が重なりうつ状態に。定年後、再雇用制度で継続勤務予定だったが病気を理由に更新を拒否された。故郷九州に戻り信頼できる医師と出会い諦めていた放射線治療が可能と言われ08年2月から併用治療を受けた。将来転移再燃の不安はあるが現在は安定。知人の和尚さんとの対話に多くを学ぶ日々である。

詳しいプロフィールを見る

「ああ、がんか。がんならイコール死ぬことや」って。「ああ、死にたくないや。なら…死ぬまでに何か片付けとかないかん。身辺整理、あれせにゃいかん、これせにゃいかん」。そっちのほうばっかりですね。要するにパニックですね。
朝、宿舎から出ていく前に顔洗って、歯磨いてやっとくと、すぐ近くに電車が、通勤電車が通っとるんですけども、あっこは丘陵地帯なんで、トンネル多いんですね。で、トンネルに、電車が行き交うのにゴーってな音があって。もうその音聞いただけで、こっちでいう、おぞけづいて。「もう、もう、もう駄目や」と。もう、もう地獄のほうに引きずり込まれるんじゃなかろうかっちゅう、そんな感じで。大体、元気印で行け行けどんどんで今までやってきたんですけどもね、職場で。大学出て約40年…38年ですか…で、やってきたんですが。「あー、こんなにおれは弱い人間やったんかな」というふうなことと、もう一つのこっちのほうの自分で「頑張れ、頑張れ」っちゅうような。それの繰り返し。「あー、何とかやらないかん。でも駄目や」っちゅうような。まあ早い話が現実逃避というか、尻に帆かけて逃げたかったということですね。で、逃げても、がん=(イコール)死というのが、もう今も頭の片隅にはありますけども、どうしても先ほどの、周りで見たおやじ(父親)のこととか、職場の上司のことと、だぶってきますので「もうおれは死ぬんや」と。…でも、死にたくない。人間はもう必ず100%、間違いなく死ぬというのは、それはもう当たり前のことですし、頭のどっかじゃあ分かっとるんですが、それが現実、目の前に、「もうあんた、確実に死にまっせ」というふうに突きつけられた。でも、死にたくない。何とか助かりたいという。まあ、その繰り返しでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る