※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

診断時:60歳
インタビュー時:61歳(2008年8月)
診断時は首都圏で妻と二人暮らし。定期健診で精密検査となり07年7月に診断を受けた。ホルモン療法が唯一の治療と言われ様々な心労が重なりうつ状態に。定年後、再雇用制度で継続勤務予定だったが病気を理由に更新を拒否された。故郷九州に戻り信頼できる医師と出会い諦めていた放射線治療が可能と言われ08年2月から併用治療を受けた。将来転移再燃の不安はあるが現在は安定。知人の和尚さんとの対話に多くを学ぶ日々である。

詳しいプロフィールを見る

だからまあ、一番心配というか、私は(がんに)なったときに…うーん、そうですね。あのー、経済的なのが全てっちゃ言わんけども、経済的なやつが原因で・・・原因でというか、それ未解決。考えても解決するわけないんですけども。「ああ…どうしようかな。どこでどうして金工面しようかな」とかね。で、ひょっと、この病気が、恐らく長引くであろうその後、どうして飯食うていくか。ま、金銭的な、先ほども言ったように、ずっと「恒産ありて恒心あり」っちゃまさにその通りでね。金がないと気持ちも変わらん。何かこうやっていこうと思っていかんと、まあ、一番原点に戻った情けない状況で。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る