※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

診断時:60歳
インタビュー時:61歳(2008年8月)
診断時は首都圏で妻と二人暮らし。定期健診で精密検査となり07年7月に診断を受けた。ホルモン療法が唯一の治療と言われ様々な心労が重なりうつ状態に。定年後、再雇用制度で継続勤務予定だったが病気を理由に更新を拒否された。故郷九州に戻り信頼できる医師と出会い諦めていた放射線治療が可能と言われ08年2月から併用治療を受けた。将来転移再燃の不安はあるが現在は安定。知人の和尚さんとの対話に多くを学ぶ日々である。

詳しいプロフィールを見る

一応3月で(雇用が)終わって、手続きをして、取りあえずは年金の一部と、それから、今、失業保険ですな。それをもらった中で…それでも月に直すと20万は行きませんわね。まあ、女房と私と2人だけですから、食う分はそこそこ。ところが、ご存じの通り、あと、食う分はそれでいいんですが、光熱費だとか、ほかのまた税金だとかね、必ず払わにゃいかんやつ。それ考えると、完全マイナス、赤ですね。
私が経験してきた中では、少なくとも、(年金支給を)延ばした4年間、その措置ぐらい何とかしろよという。で実は、社会保険事務所(※現在の年金事務所)にも行ってみたんですが、「何か本当に働けませんという証明ができれば、簡単にいく」と。「働けません」ちって、見た通りのあれやから、「どう見てもおっさん、あんた、働けん体じゃないよね」というふうな。「いや、わしはこうして、がんのあれ、ありまっせ」というふうな。「いやそれでも、体動かんのですか?」「うん、ここ(頭)は動かん」って。「体はここまで来たけん、動くっちゃろうね」っていうような話。「ああ、そら出まへんな」って。「出まへんな」っちゅうか、「対象になりませんな」という。
まあ、ルールはそうなっとるんでね。わしは、たまたま…そしたら、今度は、真似する奴が出てくる、必ず。五体満足であっても、ええとこだけ持っていくというね。まあ、それをこう歯止めかけるためのルール、そのためのルールがあるんでしょうけどもね。うん。ということで、今のは愚痴でござんす。
でも、何とかそれはねえ、してもらいたいよねえ。特にわしらの後は、もう65でしょ。65は、今まで…55が60になり、60が65になり、やっていくんで…うん。やっぱサラリーマンちゅうのは、その辺がきついとこですな。うん。やっぱり運ですかなあ。「下駄になり、琴になるのも桐の運」っちってね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る