※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

診断時:60歳
インタビュー時:61歳(2008年8月)
診断時は首都圏で妻と二人暮らし。定期健診で精密検査となり07年7月に診断を受けた。ホルモン療法が唯一の治療と言われ様々な心労が重なりうつ状態に。定年後、再雇用制度で継続勤務予定だったが病気を理由に更新を拒否された。故郷九州に戻り信頼できる医師と出会い諦めていた放射線治療が可能と言われ08年2月から併用治療を受けた。将来転移再燃の不安はあるが現在は安定。知人の和尚さんとの対話に多くを学ぶ日々である。

詳しいプロフィールを見る

それこそまたものの本やけども、こういうふうなホルモン療法というのは何年か、早い人は1年かも知らんけども、経つと、体にまたそれに抵抗力ができて、また効かんようになると。そしたらまた、行って戻ってのまたこれかというふうな、もう全然こう、光が見えんというかね、救いがないというか。
まあ、その先生が言わっしゃることはもう、ざっくばらんな話で、「ああん、もうあんた、そんな簡単に死にゃあせん」って。「いや、ばってん、薬がもう効かんごとなったら、次の薬、次の薬、どげんなっとるんですか」言ったら、「あんた、よう考えてみね」て。で、「今の薬が例えば5年間効いて、次の薬、効かんごとなった。ほんなら、また別な薬で5年間。それで効かんごとなったらまた5年間。それで足しゃ15年やろ」って。「あんた、今、年はなんぼね? 60ね」て。「61ね」て。「15足しゃ76じゃろが」って。「男の平均寿命、いっとるやんか」っちゅうたらね、そう言われてみると、「ああ、そうか」っちゅうようなね、うん。そういう先生に巡り合わしていただいたっちゅうような、それが一番の救いで。まあ、そういう、言葉は違いますけども、そういうニュアンスでね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る