※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時年齢:24歳(2019年8月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・人文科学(2014年度入学)
関東地方在住の男性。脳性麻痺で上下肢に障害があり、介助用車椅子を使用している。小中高は普通学校に通った。大学では英語を深く学びたいと思い、人文科学系の学部に入学した。翻訳ゼミに所属して翻訳をしたり、論文を書いたり、ゼミ仲間と外に出かけるなど、在学中は勉強だけでなく、とても多くの経験を積むことができた。現在は、自立生活センターで当事者スタッフをしている。

詳しいプロフィールを見る

大学で学んだ意味、えーと、僕は、その、僕の場合、英語を深く学びたいっていうことで行ったんですけど、その前にやっぱり、大学行くとやっぱり社会全体の、小・中・高で習わなかった社会全体のことも学べると思うんですね。
 例えば、仕事のこととか、就職のこととか、と、あとは、大学の、勉強のこともそうですし、その対人関係や友人関係や、そのことだったりも学べると思うんですよ。小・中・高でも学ぶと思うんですけど、それ、それよりも深く、社会のことについて学べるのが大学、大学通ったことによって学ぶ、学べたことだと、思うんです、思うんですね。
 だから、大学で学ぶのはやっぱりそういう社会勉強をするところがやっぱり大学のいいところというか、大学で学ぶ意味だと、思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14055 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(27) "大学生活で得たこと" ["slug"]=> string(7) "etakoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "大学生活で得たこと" ["category_nicename"]=> string(7) "etakoto" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る