※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時年齢:24歳(2019年8月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・人文科学(2014年度入学)
関東地方在住の男性。脳性麻痺で上下肢に障害があり、介助用車椅子を使用している。小中高は普通学校に通った。大学では英語を深く学びたいと思い、人文科学系の学部に入学した。翻訳ゼミに所属して翻訳をしたり、論文を書いたり、ゼミ仲間と外に出かけるなど、在学中は勉強だけでなく、とても多くの経験を積むことができた。現在は、自立生活センターで当事者スタッフをしている。

詳しいプロフィールを見る

卒業後について本格的に考え始めたのは…、大学3年生とか、2~3年生ぐらいのときからですね。やっぱり皆、みんな、ゼミの仲間とかが…、インターンシップ行ってたとか、そういうのを聞くとやっぱり、もうすぐ就活しないとなとか…、思ったりして、ずっと…、焦っていましたね…。で、そのときにやっぱり就活……、就活しないとなと…、思ってたので、思ってたので、やっぱり僕はみんな、みんなと…、同じように就活できるもんだと、できると考えていたんで…、就活をしようと考えました。

就活は、まず…、大学内で、大学内にも障害者の方いたので、そこで何か…、そういう障害者のための、就活、就活サイトみたいなのも、サイトみたいなのを活用してそういう…、障害者、障害者の雇用枠で、最初は就活しようと考えていましたね。ですから、その障害者のための情報誌とかを使いながら、そういう就活の会社の説明会へ行ったり、合同説明会みたいなのも行ったりしたんですけど…、行きましたね。行ったんです。それでもなかなか…、なかなか…、うまく…、そういうなかなか条件が…、条件に見合った場所がなかなかなくて結構大変でした。

――それは具体的にどんなふうに大変でいらしたんですか。

例えば…、ここいいなと思っても…、例えば…、基本的に会社ってヘルパーを使っての通勤とか、ヘルパーを使ってのそういう就労とかって基本的に駄目らしくて、そういうのを、そういうのが駄目だったんでなかなか、うまくいかなかったですね。そういうのを僕の勉強不足で知らなかったもんですから、やっぱり…、結構、いろんな所に、合同説明会へ行ったりしたんですけど…、なかなかうまくいかなかったり……。エントリーしても、何だ、書類、書類選考で、落とされたりとか、そういうのも結構、ありましたね…。

やっぱり他のクラスメートとかはみんな内定決まる中で、結構決まんない、僕は結構内定とかで。僕の理想では4年生には内定とか決まっているもんだと考えてたので、結構焦っていましたね、そのときは、どうしようって…。そう、焦ったりして、大学の先生にも相談したり、うちの大学では、そういう就職アドバイザーみたいな先生もいるんですけど、その先生にも結構面談したりして…、ってしましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(23) ["name"]=> string(12) "就職活動" ["slug"]=> string(6) "career" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(23) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(18) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(23) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "就職活動" ["category_nicename"]=> string(6) "career" ["category_parent"]=> int(18) } }
同じテーマの語りを見る