※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:24歳(2019年8月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・人文科学(2014年度入学)

関東地方在住の男性。脳性麻痺で上下肢に障害があり、介助用車椅子を使用している。小中高は普通学校に通った。大学では英語を深く学びたいと思い、人文科学系の学部に入学した。翻訳ゼミに所属して翻訳をしたり、論文を書いたり、ゼミ仲間と外に出かけるなど、在学中は勉強だけでなく、とても多くの経験を積むことができた。現在は、自立生活センターで当事者スタッフをしている。

やっぱり…、遠慮しないことが大事かな。大学で学ぶ際にやっぱり、遠慮をしないで思ったことを言ったほうが、自分のためにもなるし大学のためにもなるというか。
僕の場合はそう、多目的トイレがなかったので(排泄の時に使用するための)ベッドを作ってくださいとか言ったのもそうですし、で、それって、今後入ってくる学生のためにもなるし、なるじゃないですか。だから、そういうことは積極的に言ったほうが今後の、今後大学に、入学してくる人のためにもなるし、自分のためにもなるので、そういうところは遠慮しないで言ってほしいというか、それは言ったほうがいいということですね。はい。

僕は最初、最初からは、なかなか言えなかったですね。大学側から「何か意見はありますか」って言われて言っていたかたちなんですけど、やっぱりなかなかそういう勇気って必要だ、やっぱり、そう。僕は大学側から聞かれて言ったんですけど、後輩とか、後輩たちには、もっと積極的に言ってほしいと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧