※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時年齢:24歳(2019年8月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・人文科学(2014年度入学)
関東地方在住の男性。脳性麻痺で上下肢に障害があり、介助用車椅子を使用している。小中高は普通学校に通った。大学では英語を深く学びたいと思い、人文科学系の学部に入学した。翻訳ゼミに所属して翻訳をしたり、論文を書いたり、ゼミ仲間と外に出かけるなど、在学中は勉強だけでなく、とても多くの経験を積むことができた。現在は、自立生活センターで当事者スタッフをしている。

詳しいプロフィールを見る

――ご自身が、あの大学側にこう配慮をしてほしいっていうふうにお願いをするときは、具体的にこういうふうにしてほしいって言って、配慮の中身までお伝えしたような感じですか、それとも一緒に考えていったという感じだったんでしょうか。

うーん、一緒に考えてやったっていうほうが近いかもしれませんね。その…、生活支援課っていうとこに、ちょっと、そういう人(支援の担当者)がいて、そこら辺をちょっと頼んで、で、それで、そういう(支援が必要な)場合どうしましょうかって感じで…、一緒に、相談に乗っていただいて、そして解決策を図るみたいな感じでしたね。

――何かこう、これはやったけど、うまくいかなかったなっていうようなことってありますか、授業関係で。

うまくいかなかったこと、うまくいかなかったことは…、ああ……。例えば、何だろうな、中国語の、試験のときとかは、その先生によってテストの、テストとか、変わるんですけど、なぜか、その中国人の先生の中国語のときは、何かよく分かんないですけど、「テストをやんなくていいぞ」って言われて、なぜか分かんないんですね。何か、「見ただけでも分かるから、テストをやんなくていいよ」って言われて、それでやんなかったのは、ありますけど、何でだか、よく分かんないんですけど、というのは、ありましたね。

――ご自身は、そういうとき、どんなふうに思われるんですか。

まあ…、何で僕だけっていうのは、ありますけど、正直言って、ちょっと、半分はうれしかったですね。テストやんなくていいんだって感じで、正直言うと。

――それでも単位は認められた?

はい。そうですね。単位は認められました。何でだろうな、何でそんなっていう感じです。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14055 (17) { ["term_id"]=> int(15) ["name"]=> string(15) "授業や試験" ["slug"]=> string(5) "jugyo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(15) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(15) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "授業や試験" ["category_nicename"]=> string(5) "jugyo" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る