※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:34歳(2019年7月)
障害の内容:視覚障害(全盲)
学校と専攻:大学・社会福祉(2003年度入学)

中部地方在住の男性。生まれつき弱視で、小学校は普通学校に入学し、10歳で全盲になったため、5年生で盲学校へ転校。その後、高校卒業まで盲学校で過ごした。大学は福祉系に進学し、実習等を経て社会福祉士の資格を取得した。小6の時に出会って続けてきた和太鼓を仕事にする傍ら、社会福祉士の資格を活かして講演活動を行っている。

で、例えば、施設の中で歩くことなんかが(あって)、例えば白杖で利用者さんのことを、転ばしてしまったりするんじゃないかというのは正直、僕も不安なんですよねっていう話をいろいろしていく中で、確か僕が提案したと思うんですけれども、例えば、僕の係みたいなことで利用者さんに誘導してもらうみたいなことってできないですかねなんて話をしたら、「あ、それは利用者さんの自尊心を育てるという意味でも、もしかしたらいいかも」っていうふうに言ってくださって。
実際に先輩のサポーターが付くわけでもなく、施設、施設内の移動というのも、基本僕に、僕1人で歩けるような場所ではあったんですけれども、まあ、あえて、僕は歩けないから、今日は、じゃあ利用者の誰々さん、実習生だからねみたいな感じで、一緒に歩いてもらってみたいなことをしながら実習をするというかたちを、その都内の、知的障害の方の授産施設で30日、やりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧