※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:34歳(2019年7月)
障害の内容:視覚障害(全盲)
学校と専攻:大学・社会福祉(2003年度入学)

中部地方在住の男性。生まれつき弱視で、小学校は普通学校に入学し、10歳で全盲になったため、5年生で盲学校へ転校。その後、高校卒業まで盲学校で過ごした。大学は福祉系に進学し、実習等を経て社会福祉士の資格を取得した。小6の時に出会って続けてきた和太鼓を仕事にする傍ら、社会福祉士の資格を活かして講演活動を行っている。

僕側の意識として、今思うこととしては、例えば、当時の僕は、で言うと、せっかく社会福祉学科で、女性の学生もいっぱいいましたから、例えばそういう子たちに、洋服についていろいろ教えてもらったりとかすればよかったなって今思うと、感じるんですね。
洋服買いに行きたいんだけれど、何かよく分かんないから付き合ってくれない?とかって言ってもよかったはずなんだけれど、そういう、見えないが故に分からないことを、うーん、何ていうのかな…、おしゃれでありたいんだけれども、それを独力ではできないんだっていうことを何か、知られたくなかったのか、そこを、そういう友達に見てもらうっていうことに、何か抵抗はあったのか。
たまたま自分のきょうだいが、割と近くに住んでいたので、そういう、きょうだいが、何かのときにこうちょっと古着を一緒に僕の分も買っておいてくれたりみたいなこともあって、それで、この組み合わせだと結構いい感じだと思うよみたいなことを教えてもらって服を選んで着るっていうことはしていたんだけれど、そんな回りくどいことをしないで直接頼んで一緒に買いに行ってもらったりしておけばよかったな、みたいなことは今思うと感じるので、何かどっかで僕の中には遠慮はあったような気がします。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧