※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー24

インタビュー時年齢:34歳(2019年7月)
障害の内容:視覚障害(全盲)
学校と専攻:大学・社会福祉(2003年度入学)
中部地方在住の男性。生まれつき弱視で、小学校は普通学校に入学し、10歳で全盲になったため、5年生で盲学校へ転校。その後、高校卒業まで盲学校で過ごした。大学は福祉系に進学し、実習等を経て社会福祉士の資格を取得した。小6の時に出会って続けてきた和太鼓を仕事にする傍ら、社会福祉士の資格を活かして講演活動を行っている。

詳しいプロフィールを見る

で 、大学についてのお話を、こういろいろ伺う中で、まあ、パンフレットを渡されるわけなんですけれども、えー、そのとき、その紙のパンフレットだと、誰かに読んでもらうしか方法がなくて、自分でチェックすることができないんですけれどもって、言うか言わないかぐらいの、えー、段階で、その入試課の方が「あ、そうしたら、どうやったら分かります?」っていうふうに、聞いてくれて。
 で、データだったら、分かるんですけれどもというふうに言ったら、まあ、あの当時は、フロッピーディスクが、主流だったので、「あ、じゃあ、フロッピーディスクで、郵送するから住所を教えて」というふうに、すぐに、言ってくださいました。
 何か、その面倒だなとか、分からないんですって言われたときに、こう向こうも困っちゃうっていうようなことが、えー、反応が一切なく、「どうしたら分かるの?」というふうに聞いてくれたことや、こうしたら分かるんですって、やってくれたときのその対応が非常に素早かったと。で、実際にすぐ、郵送していただいたんですけれども、そういった対応をしていただいたことが、まず非常に感動しまして。
 で、送られてきたパンフレットを見たところ、まあ、うちの大学というのは、えー、キリスト教のヒューマニズムというのが、まあ、学校の、運営においてこう土台になっていて、他者に、まあ、貢献しましょうねという、そういう人間を育てるための、学びを、えー、目標にしていますっていうようなことを、まあ、かなり、大きく掲げている大学、なんですが。
 その校風っていうのが、その事務の方にまで、息づいているんだなというふうに僕はその当時非常に、こう思いまして、こういう大学だったら、僕が入学しても、すごくその楽しく過ごせるんじゃなかろうかというふうに、思い、えー、もう、その大学1本で、に絞って、まあ、入試の準備をいたしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(12) ["name"]=> string(12) "大学選び" ["slug"]=> string(5) "erabi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(12) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(12) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "大学選び" ["category_nicename"]=> string(5) "erabi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る