※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:42歳
インタビュー時:47歳(2008年2月)
近畿地方在住。2003年、乳がんと診断され、右乳房切除術、同時再建術、術後抗がん剤治療、放射線療法、ホルモン療法を受けた。2004年、肝転移。ハーセプチンとタキソールにて治療。その後、動注化学療法、ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法を受けた。現在も治療中。1人暮らし。フルタイムで仕事を続けている。

詳しいプロフィールを見る

そして、最初の、初発の治療は、切って、その後、術後の抗がん剤と放射線を行って、その間、3ヶ月間の、仕事の休職をしました。私は一人で暮らしていましたし、病気になったことで、病気になったから家に戻る、親のところに戻るということは考えていなかったので、「とにかく私には優先順位があります」と。
「治療は大事です。命は大事です。でも、それをするにはお金が要ります。だから、働きます。働いて治療します。さあ、どういう治療が考えられますか? 一緒に考えてください」っていうふうにドクターにお願いしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る