インタビュー内容テキスト

私の場合、やはり、どうするかっていうところも含めて、これは相談をしていこうと思って。検診の予約を取った時点から、信頼のおける上司に、「すいません」ということで、「個人的なお話なんです。たぶん、私、がんだと思うので、これから検診行きます。つきましては、ちょこっちょこっと休みますけれども、よろしくお願いしますね」って言ったら、「そうかあ…」って。「分かりました」っておっしゃってくださって。
いつ行って来ますって言うのも全部、その方には言ってたので、「どうか?」って言うんで、「いや、駄目でした。黒でした」って言ったら、「どうする?」って言うから、「いや、こういうふうな治療受けます」と。で、「治療受けた後、こういうふうなことを言ってます」と。「でも、私は復帰したいです。いいですか?」って言ったら、「ああ、じゃあ、まあ、すぐだとちょっとあれなんで」っていうことで、「ちょうど4月まで、じゃあ、休職していいよ。4月に待ってるから」っておっしゃっていただいて。その間も、ずっと連絡してましたし、「自分がどういう状態である。どういうふうに休む。どういうふうな治療方針である」と。
「つきましては、最低限、これだけの休みは取りますが、それ以外のときは働きます。いいですか?」っていう確認を取ってたので、特に、「いきなりそんなこと言われてどうこう」でもなかったですし、会社側も、「いや、いてほしいんで、帰ってきてください」ということで。同じ仕事やらせてもらうんでも、まあ、移動の少ないポジションを与えてもらったりとかっていう配慮はすっごくありましたので、ありがたかったです。私も全部、あの、包み隠さず言ってましたし。
「もし私の仕事をしている中でのことが、病気であるがゆえに、信頼おけない部分とか、仕事上でここは任せられない部分って出てきたらおっしゃってください」と、「改善できることなら改善できるし、改善できないならば、そうではない、自分自身ができる仕事か、ポジションを探して私も努力するから、そこは私の、続けたいっていう気持ちをくんでくださいね」っていう話をして。だから、それがよかったと思います。最初から全部見ててくださったので。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言