インタビュー内容テキスト

えっと、鎖骨のリンパ取ってるところなんかは、骨のほうもちょっと中が、痛いような感じで。それは、放射線による、何でしたっけね。ん?軟骨がちょっと炎症起こすのかな。何かそういうことを言ってました。その後、風邪を引いたときにちょっとひどくなったら、それは風邪じゃないと。「肺臓炎」って、(放射線が)肺をかするので、「肺臓炎」っていうのもあるんだっていうようなことも説明されました。
それから、「放射線の影響ってすぐ出るとは限らないんです」っていうようなことが説明であって、えっと、ちょうど例えられたのが、火山のマグマみたいなのが地下でグツグツグツってして、表、何もないように見えても、後でグツグツグツって上がってくるように、下に、グツグツと、「放射線の影響でたぎっているとこがあったら、ひどい人だと何年か経って出てくる人もいるよ」みたいなことを聞いたので、なかなかやはり大変なものなんだなとは思ったんですけど。

――肺臓炎になられたのは、じゃあ、終わってからしばらくしてからだったんですか。

放射線治療が終わって、1ヶ月ぐらいしたときに、「ちょっと肺が痛いかもしれないんだけど」ということでレントゲン撮ったときに、「軽い肺臓炎です」と。「10人に1人(*)ぐらいの確率ですね。大当たり」とか言われて、要らなーいとか思ったんですけど(笑)。

*日本乳癌学会の診療ガイドラインでは、放射線肺臓炎の発症率は乳房温存術で1.0%程度、乳房切除術では2.4%程度とされています(日本乳癌学会編「科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン3放射線療法2005年版」)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言