※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:42歳
インタビュー時:47歳(2008年2月)
近畿地方在住。2003年、乳がんと診断され、右乳房切除術、同時再建術、術後抗がん剤治療、放射線療法、ホルモン療法を受けた。2004年、肝転移。ハーセプチンとタキソールにて治療。その後、動注化学療法、ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法を受けた。現在も治療中。1人暮らし。フルタイムで仕事を続けている。

詳しいプロフィールを見る

あまり長く休めないので、普通は、抗がん剤と放射線治療っていうのは重ねないらしいんですけど、私はもうそんなに休んでられないないし、放射線、毎日って聞いてるから、「もうやっちゃってください」っていうことで、一気に全部やってもらったので。放射線のほうはちょうど休職の最後の最後で終わってましたし、で点滴は、あと1回残す感じになってました、最後の最後が。最後もう、かなり重ねれば重ねるほど副作用って重複されてくるので、しんどくなってくるんですよね。で、かなりきつかったですけど、最後は点滴受けてから仕事に行くみたいな形だったので。
家にいても仕方がないですし、逆に、まあ、しんどいといえばしんどいんですけど、寝てるからってしんどくないわけではないんで、動けないということであれば仕方ないんですけど、動けたら、まあ、1日も早く普通の生活というか、仕事をしたいと。休職の期間でも、えーと、何ていうかね。休職手当。健保のほうからのが3ヶ月でもう切れちゃったので、それ以上休むとお金もなくなりますからね(笑)。行きましょうといって行きました。しんどいのはしんどかったですけど、病気だからしんどいっていうつもりはなかったです。やはり誰でも、お仕事、しんどいものなんで、まあ、いいかと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12197 (17) { ["term_id"]=> int(35) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(35) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(35) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る