インタビュー内容テキスト

もともといた友達も、支えではあるんですけれども、私、見栄っぱりなんで、心配かけたくないもんだから、いいときしか話さないんで。一番揺れてるときに、言わなくても分かってくれる人ってやっぱりありがたいですよね。
だから、そういうのは、皆さん、昔の友達も思いやりがあって優しいし、分かってくださるけど、その人たちが私をいたわってくださって、力になってくださってることっていうのは、何だろうな? すごいありがとうって思ってるんだけど、でも、「そんなに心配しないで」って思っちゃうんですよね。で、そういう人たちが、例えば家族にそういう場面があって、改めてそういうことをお迎えしたときに、私のことを浮かべたって言ってくださって、いろんな話がそこからは広がっていったりっていう切り口もあるし。だから、仲はいいんだけれども、またちょっと共有しているものが違うので。

――相手がかけてくれる言葉と、自分のかけてもらいたいと思ってる言葉に、少し距離がありますか?

言葉をかけてもらいたいとは思っていないんですけど、逆に「あんまり心配しないで」っていうか、「そこ、気にしなくていいよ」って思うんですよ。「私を見て、そこ(病気)のところをまだ気にしなくていいよ。そういうところじゃないところを共有しましょ」って。で、何か、いたわってくださるんだけど、別にいたわっていただくような、体がどうこうではなかったのでっていうのと、物理的に離れてる友達が多かったのと、まあ、お酒を飲んだりすることの友達が多かったので、あんまり、そういうような、深刻な話とかを、もともとしないので。それはそれで。ただ、いつでも皆さん、やっぱり駆けつけてくださったし、それはもう、本当にどこのどんな人でも、みんな飛んできて、お見舞い来てくれたり、声掛けてくれたりあって。早く戻りたいなっていうのはありましたけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言