インタビュー内容テキスト

そして、私自身は、あの、同時再建を希望したんです、そのときに。というのは、やはりすごい、その、見てくれというか、乳房取ることに対しての抵抗が最も治療を遅くしてしまったっていうことだったし、「同時再建できるんですか」ということで、同時再建したんですが、これは後に、あの、実はそんなことしなければよかったっていう、別の意味の流れになっていくんですけれども。同時再建をして、で、えーと、エキスパンダーですね、を入れて。
そうすると、手術の途中で、実は思った以上に広がっていたということが分かって、えーと、鎖骨リンパにも少しあって、そこを取りました。で、エキスパンダー入れているにもかかわらず、放射線を当てることになって。まあ、レアケースだと思うんですけどね。
それで、皮膚が非常に傷んでしまったりとかして、その後、エキスパンダーから今度、中を、コヒーシブ入れ替えたりとかいうときに、その皮膚の薄さとか放射線を当てたことによって、戻りにくくなってしまった皮膚が炎症起こしたり、腐ってしまったり、いろんなことがあって。結局、今、再建はまだ頓挫した形になっています。途中です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言