※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:39歳
インタビュー時:44歳(2008年6月)
首都圏在住。2003年、産後8ヶ月で左乳がんを診断され、翌年1月に乳房切除術+リンパ節郭清術、術後は抗がん剤治療と放射線療法を受けた。術後10ヶ月で肝臓と骨に転移。その1年後、卵巣転移で子宮・卵巣摘出術。薬物療法をしながら、現在に至る。 夫とこども1人の3人暮らし。両親は健在。元会社員で妊娠を機に退職し、現在は無職。

詳しいプロフィールを見る

 その(転移するまでの)数ヶ月間、やっぱり一応学習して、いろんな勉強して。で、転移しても、転移してから乳がんは長いし、私の場合ハーセプチン効くから、抗がん剤もまだ効くだろうから。いろいろ見聞きしたら、その頃に一応、患者会みたいなのも入って情報も得てたし、転移しても何年も例えば、ゆっくり転移する人は、転移して何年か治って、また転移して治ってって、10年も20年もつないでいる人もいるし、そうじゃない人も抗がん剤で結構つないでいるし、ハーセプチンは、すごく威力があるみたいだしっていうのが分かっていたので、「抗がん剤でいける」っていう、何かまあ根拠のない自信みたいなのがあって。それで、骨にも転移してたので、タキソールとハーセプチンとアレディアですね。その当時はアレディア。今は、ゾメタなんですけれども、スタートしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["slug"]=> string(11) "tennichiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(32) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["category_nicename"]=> string(11) "tennichiryo" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る