※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:39歳
インタビュー時:44歳(2008年6月)
首都圏在住。2003年、産後8ヶ月で左乳がんを診断され、翌年1月に乳房切除術+リンパ節郭清術、術後は抗がん剤治療と放射線療法を受けた。術後10ヶ月で肝臓と骨に転移。その1年後、卵巣転移で子宮・卵巣摘出術。薬物療法をしながら、現在に至る。 夫とこども1人の3人暮らし。両親は健在。元会社員で妊娠を機に退職し、現在は無職。

詳しいプロフィールを見る

よく「免疫で治す」とかっていうんですけれども、免疫っていう言葉も、「じゃあ、免疫って何ですか?」って先生に聞くと、「分からない」って言うんですよ。いろんなとらえ方があって、何とか細胞とか、いろいろあるけど全部含めて免疫だし、免疫を上げればがんが治るっていうわけでも全然なくって、「免疫をじゃあ、上げるっていうことは何ですか?」って、「白血球が上がることですか?」、「白血球の中の何とか細胞が上がることですか?」って、「何を意味するんですか?」っていう、それで何にも、何て言うんですか? そういう、何て言うんですか、明らかになってないんですよね。それなのに、免疫っていう言葉を一括りにして使うんですよ、民間療法では。免疫療法とか、「これをやると免疫が上がるから、がんが治る」、「その食事で免疫を上げる」とかね、「前向きな気持ちで免疫を上げる」とかって。「じゃあ、免疫を上げるって何?」、「それががんにどう作用するの?」っていうことは全然ブラックボックスで、そこばっかり使われて、何か免疫信仰みたいな、私にはそれが感じられて。
で、患者仲間にもやっぱりいますよね、結構。あの、「とにかく免疫を上げなきゃ」っていうことで、いろいろやっている人もたくさんいる。まあそういう人のほうが多いのかもしれないんですけれども、うん。
まあそれがいい悪いとか、そういう好き嫌いとかではなくて、私自身はいろいろ勉強してから、あの、それらは無意味なものにだんだん見えてきた、確信になってきたというのがあります。免疫で治していくっていうの、治療法としては、今、第三の治療とか、第四の治療法って言われていると思うんですよね。それは、まだこれから先の研究段階の話だし、いろんな治療を確立されて、保険適用になって使うべきもの。そのなけなしのお金をね、つぎ込むものじゃないっていうふうに思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(30) ["name"]=> string(18) "補完代替療法" ["slug"]=> string(6) "daitai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(30) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "10" ["cat_ID"]=> int(30) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "補完代替療法" ["category_nicename"]=> string(6) "daitai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る