インタビュー内容テキスト

そうですね、あの、心理療法もやったし、鍼灸(はりきゅう)みたいなのもやったり、で、当然食事療法なんかも出てくるし。そのために何かミキサー買って、何かニンジンジュースを毎日作って、玄米食べて、肉とか甘いもの駄目よとか。何かそういうのいろいろ――ちょっと子供の離乳食が始まっていろいろ大変だったんですけれども――やったり、サプリメントもいろいろこう試したり。民間療法のそういうクリニック、あるんですね。そういうとこに、治療だけでも大変なのに、そういうとこへわざわざまた行って。そのためにもうほとんど親は泊まりがけで来て、子どもの面倒を見て、自分はそういうとこへ行ったり。だから何をやっているか。週に半分ぐらい、そんなんで出ていったり、抗がん剤と放射線と民間療法と。よく分からない。体調悪いし。その数ヶ月ですね、2004年の夏。
で、何かもう、それがストレス。食事も食べたいものを、食欲あるときに食べたいのに「何でこんなものを食べなきゃいけないの」とかって、民間療法もお金もかかるし、治療費もかかるのに、なけなしの自分の働いたときの、この楽しみの貯金。将来の、楽しみの(ための)貯金がそんなのに、なくなっていくから、まあストレスを感じてきて。そうですね、真夏、ちょうど抗うつ剤が効いてきた頃なんでしょうかね、体調がふっと良くなったんですよね。こう、だるいのが少し取れてきた。「ああ、良かった。じゃあ、ちょっと遊びに行けるかな」とかって。で、ちょっと子どもと遊びに行ったり、少し自分の楽しみを増やすようにしたんですよ。
そうすると、何か今までの試行錯誤がすごく馬鹿らしく思えてきたっていうか、何のための民間療法、ストレスを貯めるだけ、お金がなくなるだけじゃないか。丸山ワクチンもその頃やって。結局、丸山ワクチン2年間やってやめたんですけれども、まああれはひと月1万弱なので、そんなにはあれ(高くない)なんですけどね、精神安定剤のためにはなったんですけれども。あの、やってても別に…やってもやんなくても、どこも変わらない。で、私の場合は「(抗がん剤の)副作用が割と軽いね」って言われていたんですけれども、それは多分もともとの体質で、民間療法をやってたからじゃないという感覚はあったんですけれども、丸山ワクチンやったらそこの担当の人から、民間療法やったらそこの鍼灸(はりきゅう)とか心理療法の(担当の人が)、みんな、「これをやってたから、あなたは副作用軽いんだ」って言われるんですよ。こう書かれるんです。「あ、効いているね」とか。(私は)「いや、そうじゃない。それはもともと(の体質)だから、これをやっていたからじゃないんだよ」って言うんですけど、みんなそのせいにする。「だったら、もっと次は」って。それは違うんじゃないかって、すごく違和感感じてきて、それで、その頃、目が覚めたっていうか。で、もう民間療法はやらない。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言