※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:39歳
インタビュー時:44歳(2008年6月)

首都圏在住。2003年、産後8ヶ月で左乳がんを診断され、翌年1月に乳房切除術+リンパ節郭清術、術後は抗がん剤治療と放射線療法を受けた。術後10ヶ月で肝臓と骨に転移。その1年後、卵巣転移で子宮・卵巣摘出術。薬物療法をしながら、現在に至る。 夫とこども1人の3人暮らし。両親は健在。元会社員で妊娠を機に退職し、現在は無職。

肝臓とか、肺とか、骨、全身に転移していないかっていう検査があるんですけれども、これが私にとっては一番恐怖でした。要は、「どっかに飛んでたら、もう終わりだ」と思っていたんで。で、幸い、飛んでなかったんですね。そのときの検査っていうのは、今までもう何十回検査した中で一番恐怖でしたね。エコーする先生をもうじぃーっと見つめたり、骨の検査してる間ももう固まっちゃって、結果が出る日はもう恐怖で震えて…という、これほど、検査の結果を恐怖を持って迎えるというのがなかった。で、幸いどこにも転移がなくて。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧