※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:39歳
インタビュー時:44歳(2008年6月)
首都圏在住。2003年、産後8ヶ月で左乳がんを診断され、翌年1月に乳房切除術+リンパ節郭清術、術後は抗がん剤治療と放射線療法を受けた。術後10ヶ月で肝臓と骨に転移。その1年後、卵巣転移で子宮・卵巣摘出術。薬物療法をしながら、現在に至る。 夫とこども1人の3人暮らし。両親は健在。元会社員で妊娠を機に退職し、現在は無職。

詳しいプロフィールを見る

もうちょっとちゃんと勉強、だから、がんになったら、すぐに怖がらずに、勉強すれば、大変かもしれないけれども、それはパフォーマンスに、自分のね、予後とか、寿命に反映してくるんだっていうのが、まあ勉強して成績が上がるとかね、試験に受かるとか、あ、そのがんの闘病っていうのもあるんだっていうのは感じたんですよね。がんみたいに難しい病気、先生も治せない、先生の言うことがもうすべてで自分はもう何もできない。「じゃあ、先生にお任せします」っていう世界、従来の考えというかね、自分がそのつもりでいったんですが、そうじゃないんですね。先生も分からないからこそ、答えが1つじゃないからこそ、自分でいろいろ勉強して、納得して、治療を選ぶっていうのは、「あ、なるほど、こういうことなんだ」っていう、その何て言うか、その大変なことでも、きれい事でも何でもなくって、普通に必要なことだし、それが自分の結果に跳ね返ってくるんだっていうのが分かりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12187 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る