※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:39歳
インタビュー時:44歳(2008年6月)
首都圏在住。2003年、産後8ヶ月で左乳がんを診断され、翌年1月に乳房切除術+リンパ節郭清術、術後は抗がん剤治療と放射線療法を受けた。術後10ヶ月で肝臓と骨に転移。その1年後、卵巣転移で子宮・卵巣摘出術。薬物療法をしながら、現在に至る。 夫とこども1人の3人暮らし。両親は健在。元会社員で妊娠を機に退職し、現在は無職。

詳しいプロフィールを見る

出産して1カ月ぐらいのときに、ひどい乳腺炎になりまして、そのとき、今思えばもう脇の下にしこりがあったんですね。でも、もうおっぱいもガビガビだし、あちこちにしこりがあるし。ただ、ここに、昔の良性で取った後の、そのしこり後の組織のところがやっぱり硬くちょっと大きく腫れている。だけれども、ほかにもいっぱいしこりがあるし、もうそれを気にしてる状況じゃなかった、そのときは。
で、ただ、他のところはマッサージで、乳腺炎のしこりは治まるけれども、ここだけはどうしても残ったっていうのは気にはなっていました。で、そうですね。出産して1カ月ぐらいのときに、ここの脇の下のしこりには気付きました。ただ、それは乳腺炎の影響であるとか、助産師の方にも相談したんですけれども、副乳という、ああ、こういうとこに副乳があるんだということで、ただし、そのしこりはドクターにも看護師の方にも誰も触ってもらってなくって、訴えたんだけども触ってもらわなかった。それはその乳腺炎の中の話で片付けられてしまったっていうのは、今、思えばすごく後悔。そのときに、医師に触ってもらって、触診して診てもらえればおかしいと思って、すぐに精密検査っていうふうになったはずだろうと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12134 (17) { ["term_id"]=> int(13) ["name"]=> string(15) "異常の発見" ["slug"]=> string(6) "hakken" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(13) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(13) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "異常の発見" ["category_nicename"]=> string(6) "hakken" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る