インタビュー内容テキスト

―― 例えば、その、お子さんを持つとかっていったことについてはその当時考えられたことはあったんですか。ま、37だから、可能性はあったかと思うんですけど。

あの、うちは、あの、主人が、ええともう、正直いいますと1型の糖尿病でもあるんですね、あの、クローン病の合併症っていわれてるんですけれど、なので、もうなんか、医師からもう取りあえず今この薬っていうか、まあ、注射してインスリンに頼って生きてるので。ま、あのー、子どものことはちょっとしばらく待ってって言われてたこともあったんでっていうのと。まあ、なんていうのか、うちはもう、その、経済的に、こう、病人病人なのでなかなか自立してなかったっていうのあるので、子どもを持とうということは考えてなかったっていうのありますね。

―― 分かりました。

やっぱりどうしてもお金もかかるし、どっちかが入院したときどうしようっていうのがものすごく頭にあるので。ですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言