インタビュー内容テキスト

そうですね大きな病院で検査をしてっていう感じだったので、もうなんていうのか、その当時大腸を見る検査っていうのがあったんですけれど、いわゆる患者の同意がなしにまあクローン病って珍しかったらしくって、気が付いたら検査をするときに、気が付いたらものすごい人数の研修医がいて、もう私それが精神的にトラウマになっていて、もう二度と大腸の検査は受けないって、今も言ってるんですけど。もうその状態で、私がもうとにかく痛いので医者にこれ以上診察を止めてくださいって言ったら、この人は痛がるからこういうところをこうするとこう言いう感じでこうなってるからっていう解説をずっと始めてて、止めるどころじゃなくて、まず検査止めてください。研修医に説明をずーと続けていましたね。もう研修医は10何人くらいいるような感じで、よっぽど珍しかったという時代で。まあそれもなんか精神的にはそれも辛い。なので、早く病院をちゃんとしたところに変わりたいというのが毎日思うことでしたね。

―― その当時の大腸の検査っていうのはカメラですかね。

カメラです。カメラしかないっていうか、もうバリュームがなくて。あの私が行ってた病院の先生は大腸の専門医としてやられている方なので、まあずっとカメラ専門なんですよね。なので、私は小腸と大腸両方が病変があるんですけど主に、というかほぼその5年間は、ちゃんと確定が付くまでは大腸しか見てないんですよ。小腸は診た覚えがないっていうか全然診ないで来てましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言