インタビュー内容テキスト

一番最初から言いますと、正確には12歳の時から、あのー日々鼻血が止まらなくて、あのー腹痛が酷くてっていう状態が続いてたんですよ。で、12歳から今度中学に入りまして、中学でもずっと体調が悪いというか、極度の貧血になってきて、で、16の時に学校からちょっと海外に行かなきゃいけないという海外研修があったんですけど、その時に健康診断を受けた時に、ありえないぐらい数値が悪いって言われてしまって、で、貧血がひどすぎるって、なんか別の病気があるって言われたんですけど、あの、近所のクリニックにかかりましたら、何のことはないと、ただの神経的な胃痛だと言われて、結局18まで2年間あの、クリニックの方では大きな病院に行きたいといっても、それは紹介しないという感じになってたので、あの、それでクリニックで最終的にもう動けないくらいちょっと貧血が酷いことを訴えてたら、じゃあ大きい病院行っていいですよって言われたんですけど、クリニックの紹介状には、親子そろって精神病だから検査の必要は別にないですって、はっきり書かれてたんですね。それで向こうの病院に行ってあのちょっと大病院の方にかかりまして、ありとあらゆる科にかかって検査して最終的にクローン病だとわかって、クローン病だとわかった時に、大病院の先生の方からあのクリニックの方に電話が行って、そのすごい病気だったということで電話がいったときに、なんか驚かれてたというか、実際もうそんなものだと思わなかったみたいな、笑いながら言われたことがありまして、まあこちらもそれでやはりびっくりしますし、まあ、認知度がまあ、今から33年くらい前なので認知度が低いというのもありまして、まあ確かにしょうがないな。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言