インタビュー内容テキスト

一応退院をした時に、あのーしばらくはまた寛解の状態になるので働くことはできたんですけれど。なかなかそれのバランスがとれなくて、やっぱりあの世間的にやはりこういう病気をもってますので通院しますってことはなかなか言えないので、あのー言わずにいたら結局具合が悪くなって、会社を辞めての繰り返しを何回もしてたので、このままではちょっとまずいなと思いまして、2回目の手術をした時がちょうどえーと私が29くらいだったので、その時にもう自営業にすれば体の方もコントロールが効くなとおもいまして、自営業にしようと思って色んな資格を取るに至っています。

その頃くらいになるともうあの、新しい病院で色んな治療を受けているので、なんていうのか自分でコントロールがだいぶ利くようになったので、そのまんま色々仕事をしながら、あの習い事をしながらっていう感じでまた、新たにちょっと自営を目指して、で、あのー結局製パン業を目指して教室に通って、まあまず講師の資格を取って、あの生徒に、自宅で生徒に教えるっていう方法を取ってたんですね。で、そのうちにもうちょっとあの仕事の幅を広げて、で、結局あれですね販売、自宅で販売という形で、完全予約制の販売をするようになりましたね。

でそれが今に至るまで結局仕事になりまして、あの、最初に働いていた障害者雇用で入った花関係の会社は辞めて、自営に結局一本全部絞ってやり始めたよって感じですね。

―― そもそもどうして製パン業を選ばれたんですか。

あのですね、私は昔からあの、ごはんよりパンの方がすごい好きなんですよね。でも、パンって結局、あの、市販されてるものっていろんなものが入ってて、で、クローン病は脂質をとにかく控えなきゃいけないってみたときに脂質がものすごく多いんですね。で、だったら自分で作ったほうがいいかなという。まあ、何を作って、入ってるかも分かるし、自分でこう、糖分とか塩分それから脂質、全部調節ができるので。パン、じゃ、やろう、パンが一番好きなのでとにかくご飯が嫌いだったので、じゃあ、パン屋になろうかと思いましてパン屋を始めたという感じですね。
あのー、人にわざわざ、その、病気の説明をいちいちしなくていいっていうことと、ま、自分の都合でこう、仕事のペースが進められるっていうのが一番、あの、プラスになってることではありますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言