インタビュー内容テキスト

―― じゃやっぱり、その言葉、難病って言葉はやっぱりちょっと。

それが一番ちょっと言い方としてはかなり、悪いですよ、悪いっていうのも変ですけれど。あと、クローン病の場合は、潰瘍性大腸炎は潰瘍性大腸炎で皆さんイメージしやすいんですけど、クローン病はヒツジのドリーのせいで(笑)どうしても、その、クローンっていう医師、医師の名前ではないという認識が周りの方が多いので。私も最初聞いたときに、その、「クローン病だからうつるの?」って言われたことがあるので。ま、確かに、あの、複製を作るのはヒツジだけどねって説明をしてて、クローン病は別に腸の病気だし、うつらないよっていう説明を何回かしたのは最初の頃はありますね。

―― ね、名前が、確かに人の名前っていうことはみんな分からない。

分からないですよね。なので、だから、ま、昔々は、あの、限局性小腸炎(正しくは限局性回腸炎)とかいう名前でしたよね。うん、そういう名前だったんですけれど、それが、まあ、限局ではなくて、ま、全身どこにでも起こり得るので、あえてっていうかクローンって名前になったらしいんですけれど、いや、その名前じゃないものに。うん、難病って名前も悪いんですけど、クローン病って名前もどうにかしてほしいっていうのは正直ありますよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言