※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:18歳
インタビュー時:49歳(2017年10月)
主な発症部位:大腸、小腸
関東地方在住の女性。夫(CD08)と二人暮らし。
小さい頃から病気の問屋と言われるくらい色々な病気持ちだった。12歳の頃には頻繁に鼻血を出し腹痛もひどい状態が続いていたが、近所のクリニックでは診断がつかず、精神的なものとされていた。18歳の時にようやく紹介されて行った大きな病院ですぐにクローン病と診断された。その後腸の狭窄で3回手術をしたが、最近は食事制限とエレンタールで病気をコントロールできるようになった。

詳しいプロフィールを見る

―― あの、大建中湯飲んでおられるっていうことなんですけれども、あの、結構多くのクローン病の方が飲んでるみたいなんですけども、こうなんか、飲んで、その、効いたなみたいな効果っていうのは感じられるもんなんですか。

要するに小腸には大建中湯ってよくいわれてて、なんか、詰まりがあったりとかするときに、ガスがたまってたりとか、(ガスが抜けて)通りがよくなるっていうのがあって確かにそうかもしれないなって。なんかもう、ちょっと詰まり気味だなっていうときによく飲まれてる方多いんですよ、多めに大建中湯飲んじゃうつって。うん、そんな感じで。あの、ま、漢方ほんとに合う合わない人がものすごく多くて、私の場合は合うんだと思うんですけれど、えっと、大建中湯飲んで、ま、ガス抜きみたいな感じにはなるときはありますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12130 (17) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(24) "その他の内科治療" ["slug"]=> string(6) "sonota" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(19) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "その他の内科治療" ["category_nicename"]=> string(6) "sonota" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る