インタビュー内容テキスト

あのー、診断される前から、「もし、そうだったら、アリセプトですよ」って言われてたんですね。ところが、アリセプト、まだ、その疑いがあるときに飲んだことがあって、具合悪くなっちゃった経験があるんです。だから、アリセプトって言われた瞬間に、もう主人は「うっ」って感じだったんですよね。受け入れられない。でも、治療のほとんどはそこです、って言われたときに、薬も含めて、薬以外のものも含めた、あらゆる可能性を広げた対応を求めたら、その、大学病院では鼻でフン、ていう感じだったんです。「病院に来て薬以外の方法?フン」みたいな。
そこの、その対応ぶりで、実は落胆しちゃったんですね。しかも、あの、「具合悪くなったアリセプトです、可能性を開くのは」っていう…。「えー」って、それも受け入れがたく。だから、すごく重い気持ちで薬がなかなか入れられなかったんですけど、やっぱりあれこれと、家族会とかね、いろんな経験値のお話を聞くと、アリセプトが有用な第1選択、その次にっていう、第2選択いくつかある中の1つに、じゃあ、勇気を持ってやってみようかっていう、その時期がやってきたんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言