インタビュー内容テキスト

最初は、あの、虫とか蛇とかでも、「何が、どこ、どこに」って。こっちの視点で、そんなのあるはずないっていう視点でやると、接点がないので、闘って疲れてたんですね。そうだ、と。相手目線だっていうところで、あの、受け入れるとか、受け止めるっていうのももちろんしたんですけど。そのうち、ないものはないし見えないので、受け止めも受け入れも、何かね、それすら不自然になってきちゃったんですね。で、何をやったかっていうと、じゃ、一緒に確認しようって。で、「蛇が」って言ったら、「どこに蛇がいる?」って、「一緒に行って退治しよう」って、一緒に退治することもしたし。そばに行って、「じゃ、触ってみましょう」って。
で、彼が触ったり、私が触ったり、「危ないから、かまれるから」とか言うと、「じゃ、私が触ってみるね」って手を出すと、「あれ、いなくなった」って。確認をすると、「あ、それってじゃあ、僕だけだったのね」ってこと、何度も繰り返すうちに、動揺しなくなってきたので。「じゃあ、気持ち悪いの消しましょう」で、わが家では「すっきり、さわやか、元に戻った。せーの、ポーン」って。この音と一緒に消すんですね。今のなし、みたいな。今までの不安も心配も、見えてたと思った虫や蛇もなし。で、すっきり、さわやか、元に戻って、平常心に戻りましょうっていう。潜在意識の活用でもあるんですけど、やっぱり気持ちが「ない」と思えば「ない」。思いが形になるっていう言葉があると、思いの中のものが消えると、現実は消えるっていうことの応用ではあるんですけど。「すっきり、さわやか」って言ってるうちに、「あ、消えた」っていうことが増えてきて。そのうち、「ポーン」て言うだけで「元に戻った」って言うし、反復って、わが家でのおまじないは結構、いいですね。だから、そうそう、何か最近、あれ、ポンと音がしたなって思うと、自分で、あの、ベッドの、このシーツのしわとかがウジャウジャいるって、一時期大騒ぎしてたのが、何回もポン、ポン、たたいて「消えた、消えた」とかってやってましたから。
お皿の上のパンくずも、フレンチトーストに切り替えたんですね。そうすると、パラパラ落ちないので、しっとりしたまま口に入れるわけですよ。だんだんおまじないと、おまじないは、あの、いろいろなところに応用し、食べ物に関してはカサカサしたものじゃなくて、しっとりしたものに変えるだけで、ずいぶんと改善できました。そのうち、経験値で動揺しなくなり、そして、まあ、あの、抑肝散っていうお薬も、主人の場合は3週間目くらいから、穏やかになってきたので、それも味方だねって。いろんな味方が増えてよかったね、よかったね、よかったねを繰り返す中で、動じない、あの、気構えが本人の中にも出てきたって感じですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言