インタビュー内容テキスト

それから、カプグラ症候群ていう…私以外の偽者っていうんですか、どうも複数出てくるんですよ。で、特に夜とか、夜中とかなので、ちょっと振り向きざまに「どっから来たんだ」とかですね。「うちのやつの洋服、勝手に着て」みたいな。侵入者だ、偽者だと思ってるから、排除しようとするんで、当然手が出るし、追いかけられるし、ぎゅっとつかまれるし、はねのけられるし、で、痛い思いをするわけなんですよね。で、「私だよ、私だよ」って言えば言うほど、「なりすまして!」みたいな。そのときの大きな声と、大きな力と、「こんなに動けるの?」っていう、すり足だった、あの日常はどこに行ったのっていうくらい、大股で階段もどんどん、どんどんできるし、すごいですよ。
だから、怖い、痛いもあるんですけど、あの、奥のほうで、「こんなにできるんだ」っていう可能性にうれしい気持ちも表れたり。あ、泣きながらとかね、つらい思いしながらも、可能性に触れたときの希望の喜びとか、何かすごい、何かこう、ジェットコースターのように(笑)、1つの場面で過激な心模様が入れ替わりしてるんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言