インタビュー内容テキスト

その富山の、あの、交流会でね、そらあ元気もらいましたね。あれでね、もう、家内が変わりました…。あのね…(涙)…家内の思いの中で…自分自身がね、戻った。……人に、人には言えないね…そういうことが、3日間の、もう最後になってから…(涙)…自分からね、言えるようになったんですよ。……それからね、やっぱり彼女自身がやっぱり…もう、どなたの前でも、もう、自由にね…しゃべれるようになった。……そやから、彼女自身も、今、いろんなとこへ行って言ってることは…「私は今までね…今までやってることができんようになってるけども、今は…皆さんの前でどんなことでもね、もう言えるようになりました、楽しいです」ということを本人自身が…言ってるんですよね。……そやから、この…交流会で…同じ立場の仲間の中にね、やっぱり……入れた。また、同じ仲間がおるということでね…まあ彼女自身も大きな自信にね、やっぱりつながったということやと。
本人、本人はね、やっぱり、あのー、はっきり言うたことは、やっぱり、あのー、「一般の方の中に入ると、やっぱり、『あ、あの人、ちょっとおかしいんじゃない』とかね、いうことのね、もう視線が分かる」って言うんです。一緒に話とってもね。もう、そういう態度がやっぱり分かると思います、僕も、はっきり言うて、うん。それがね、やっぱり感じるいうこと、今になってはっきり言うてますね、うん。
ところが、交流会行ったら、みんな一緒やから。うん。もう同じことを言うても、ああ、これね、あれはこの病気なんやと、うん、誰も一緒なんやというふうに、みな理解者ばっかしやから、うん。本人ね。あの、ほかの方の本人がおっても、ご家族がおっても、うん、平気で一生懸命聞いてくれるわけ。うん。何回同じこと言ってもね。で、そんなことでやっぱり本人自身がね、やっぱりこう、そういうとこ行くと、もう気楽にしゃべれてる。うん。それ、一般との差がね、やっぱはっきり自分でも、やっぱり感じてるわけ。そういうことですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言