インタビュー内容テキスト

この病気は家に閉じ込めたらいかん病気だってね。もう、大いに人前に連れて出るいうことが一番大事と思うんですよね。うん。そやから、僕自身がそう、思ってますから、とにかくもう、そんな人前のね、そんなこと、いろんなこと思わんでもいいと思うんですよね、うん。そういうことによって、今言ったいろんな情報も入ってくるし、うん。それによったらまた自分が変わってくし、うん。また、あの、家の中でもね、やっぱり隠し事がもう隠さんでいいようになってくる、うん。
それ、言わへんかったり、何かしたらやっぱり、例えばの話ね、そういう認知症の最近ドラマが多いけどもね、そんときにチャンネル一生懸命見てるのに変えるんか、なってくるし。ほんで、そんなんで、いろんな話ね、ま、近所の話とか、いろんな人の話の中でそういう病気の話が出たら、ほんならちょっと黙って、今日は抑えるんか。もうかえって、そういう雰囲気のほうがすごくね、もう、良くないような気はするし。
オープンに話すことによってね、もう家の中が明るくなってくし、うん。かえって、あのー、暗くなる話が逆に明るくできたり、それはやっぱり多いからね。そやから、僕は大いにやっぱり、もう皆さんにね、どんどん、特に、こういう若年性のね、そういう方に、もう、もっともっと、こう…あのー、こういう交流会を通じてね、やっぱりこう、いろんな場所があるから、やっぱり出るようにおすすめしたいですね、

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言