インタビュー内容テキスト

ほんで、まあ、まさかなーいう、その、こわごわ、まあ、そういう認知症でなければええけどな、いう思いで(病院に)連れて行きました。ところが、やっぱりもう診断、えー、診察に行った、もうその時でもう認知症いう診断やったんですよ。うん。それで、まあちょっと大きなショック受けましてね。
で、それも先生自身、まあ本人、本人そのときは、本人を外してくれて先生話してほしかったいう(笑)。何で、本人の目の前で先生、言わはるのかな思たぐらい、うん、やっぱり、もうこれは…うん、あの、うちの場合はCTだけの検査やったんですよね。それでもう、そういう診断がいきなり出て、「これ、残念やけどな、もう認知症や」言うて。もう、「これはもう治らん病気で、もう進行性の病気で、これは治らへん」。言われてね、それが、それがきつかったんですよね、そう(笑)。
本当はやっぱりね、治らないじゃ、その、まあ、病名はいいとしても、治らないっちゅうことは、あそこまで言うてほしないよな、いうね。やっぱりね、うーん、本人に対しては、もうきつかったんちゃうかな思うね。やっぱり、そんなことからね。ま、昔、あのー、がんに、がん患者にね、もうその宣告は、もう本人には言わなかったいう、そんな感じで。今はね、やっぱりはっきり、こう、言うてるみたいやけども、うん。ま、結果的にやっぱりそれを思えばね、やっぱり、まあ、(病名は)言うてもらったほうが良かったな思ってね。そう、まあ、思ってますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言