インタビュー内容テキスト

―― お子さまの側から見て、お母さんの病気っていうのはどうだったんですか。やっぱりすんなり受け止められたのか、それともやっぱりかなりショックがあったのか、その辺はいかがでしょうか。

ショックはあるでしょうけどね。でも、やっぱり人目いうの感じてますね。自分のね、母親がやっぱりそんな病気なんやいうことをね。そやから、マスコミに報道されると、もう「おやじ、ええ加減にしとってや」言われ(笑)。いや、いや、僕はね、やっぱりこれで元気もらってる。お母さんかてな、元気もらってるよ。ましてやな、僕ら元気もらってる、これがな、みんなに役立つことやから、言うてね。
もう、この病気言うたら、みんなもう表に出すの嫌がる病気や。要するに、自分たちがそう思うようにみんながそういうふうに思ってんねん。けども、この病気は絶対もう、僕は隠したらいかん病気や思うとる。まあ昔を言えば、こういう病気になったら、家の中に閉じ込めて、部屋まで鍵かけて、家に出せへん、そんなことがものすごい多かったんや。けどもな、今はもう、この病気は年寄りだけじゃない病気になってきてるんや。もう若い人にも出てきてる。自分たちのような年の人でも、この病気はもう出てきてんねん。ほんなん、どうしたらいいねん、いうことを思えばな。これはやっぱり公表すべきやろ。僕、それ言うてますね。

―― 皆さん納得してくださいますか。

そう。黙りますね。んで、陰ながら(笑)、放送があったら「それ、いつやって」ってね。「何で言わへんねん」とかね。ほんで、後でね、こそっとこう、ビデオ見たりして、で、黙ってますわ(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言