インタビュー内容テキスト

うちの場合は、最初の診断で本人の目の前で、バンて言われてしまった。ま、本人は分かってるかどうか、分からへんけども。そんなことで、本人自身から「私は認知症やねん」て、もう最初から言うてんですよね。そんなことで、あのー、まあ、後からね、診察んときに「私は認知症、言うてます」。その、「あんた自身、言うてんか」、「言うてます」、「そう。あんまり言わんほうがいいんやけどな」って言われるぐらい(笑)。今はもうね、むしろ僕のほうは控えめにね、譲ったぐらいだったんです。そやから、後からになってから、ああ、あんとき言うてもうて、もう良かったんやな思てね。そやから、隠すこともなくね、言えるし、うん。
そやから交流会の中でも、うちはまだ本人は知らないんですとか、かなりいらっしゃるんですよね。うん。そやから、そんな感じかな、僕は思うね。まあ、「早めに言ったほうがいいんじゃないですか」言うて。また、それをすることによって、本人の意思も変わるし、それによって、もうおれは駄目か思ったり、また、おれはそんな病気やったんかってしょげる人もおれば、あ、それやったらおれ、そんな病気はもう勝っていくわ、いうことでね、そんな人も出てくるし、結果どうであれ、家族自身が言わへんかったら、先生に言ってもらうとか。とにかく、僕はね、もう早く、言ったほうがいいように思います。そういうふうに言ってますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言