インタビュー内容テキスト

それから、もうしばらくしたらね、今度ね、あの、今度字を書けなくなった、いう話。というのは、あの、皆さんで習字の、もう、しよういうことで、そん中で、一緒にやってもうてんけども、「奥さん、よう、字書きはりへんかったよ」いう話が来たん。「えっ、そうですか」言うて、それはないやろ思て、ほんで家帰ってからね、もう家内がずっともう、家帰っても、そう仕事がないもんで、ずっと自分で、こう、自分の名前とか住所とか、いろんなことをね、こう、便せん書きにずっと書いとったんですよ。それが残っとったもんで、えー、見たんですよ。
そしたら、その自分の名前、○いうのがね、もう、ばらばらなんですよ。もう形になってないの、うん。音と訓がもう、こうの、こうなってんです。「お母さん、これ、おかしいわ」いうて、うん。「これはちゃんとな、この四角の升にはまらなあかんねん」言うて。「あ、そうか。あ、そや、そや。おかしいな」言うて。ほんで、また自分で書いてみたんですよ。ほな、やっぱり、こうなんですよ。ほんでね、「お母さん、違うで」。ほんで、こう、四角の枠を作ってやってね、ここに書く、はまらなあかんねん、ちゅうことで、うん、言って。言って、升を作ってやっても、同じように今度はみ出るんですよね。「えっ」と思って、うん。いうことから始まってて、ちょっとやっぱりおかしいな思て。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言