インタビュー内容テキスト

ほんで、それやってくうちにね、もう何回か、2回、3回通う、あの、通ってるうちにね、もう自信がついてきて、本人に。うん。もう終わるなり、「今日これまでにしましょうね」、「お父さん、私、大丈夫やな」言い出してね。「大丈夫。あんた、すごいな」言うて。「何でそんな歌えるんや?」言うて、うん。「歌、歌えるから、もう私大丈夫やな」って。「大丈夫や、大丈夫や」言うてね、もうそれぐらい。それからずっとね、もう今で3ヵ月終わったとこです。6月からやからね。6、7、8(月)、3ヵ月終わったとこなんですよ。もう自信ついてね。もう、そこ行くのがものすごく楽しい、うん。もう、そやから行って、もう部屋出るときにはもう、「私、大丈夫よね」。もう、いつもそれ言うて帰ってます、うん。
そやから、それがね、やっぱり僕に対してものすごくプラスで、やっぱりある時には、やっぱりね、しょげて、沈み込んで、うん。「私、何でこんなやろ、みんなに迷惑かけてばっかしな」。「お母さん、大丈夫や。そんな心配するなよ、な。おかしいもんが何で、あんだけ歌、歌えるんや」言うて。「そやろ」と、「あ、そやな。私歌えるもんな」。「そうやんか、そんなもん、あんた全然心配ないし」って、うん。「んな、おかしなったもんがな、あんだけ歌、歌えるはずないよ」言うて、うん。僕のね、1つのやっぱり励ましの言葉になってますしね。
もう、そやから、今、まあここいい薬があればね、それはそれに越したことないんですけども、やっぱり薬ではやっぱり難しい、うん。ほんなら、やっぱり僕が思うように、やっぱり環境やろうと、いうことでね。んで、そういう心をね、やっぱり和らぐ、そういうものを取り入れていけばね、何とかもうね、希望も出るんやないかということでね。これはもう、本当にもう、僕のこの病気に対してのね、人生体験で、これはもう、ほんまにぜひ思いますね、うん。
僕もずいぶん、これでね、自信持ってんですよ。そやから、今の家内の状態どんなんかいうたら、よう、「どういうふうに変わりました?」聞かれんですけども、まあ、この3ヵ月間終わりましたけれども、あの、元気が出た、いうんかね。その、話にもね、交流会行っててもね、こう、僕聞いてるんだけども、今までもう、短い言葉でこう、繰り返し、繰り返しの話やったんですよ、うん。「私は駄目人間でね、どうのこうの」、もうそれが繰り返しやったんです。けども、最近ね、うん、ちょっと話の内容が変わって、話すことも長くなってきてね、変わってきてんですよ。うん。「へっ?」て思ってね。ほんで、ほんでそれも先生に、「話し方が変わりましてね。もう理解力ができたような感じするんですよ」言うたら、「ああ、そうですか、よかったですね」て。ほんで、家の生活面でも、あのー、動きがね、活発になってるんですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言