※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー介護者13

インタビュー時:67歳(2011年9月)
関係:夫(妻を介護)
診断時:妻62歳、介護者63歳
2007年に妻が若年性アルツハイマー型認知症と診断される。妻・長女の3人暮らし。独立した子が別に5人いる。介護者はコンビニ経営していたが、妻に認知症の症状が出始め、レジを任すことができなくなり、閉店。認知症全国本人交流会への参加は、妻にとっても介護者にとっても転機になった。現在、妻はガイドヘルパーを利用。自立支援医療を申請したので、医療費負担が減り、助かっている。

詳しいプロフィールを見る

医療証。あれは助かったね、医療証。その自立支援医療の申請をすることによって、それでその書面で役所へもう一度足を運びますと、医療証をくれるんですよ。

―― 医療証?

医療証くれて、それをね、自立支援医療では病院、aいう、aさんいう病院やったらa病院だけのもんやったんです。ところが、それを役所に行ってそれの申請をすると、医療証いうのをくれるんですよ。要するに、保険証。うん。それ、本人だけのね。本人のみの医療証くれる。それを、その病院以外に提示すると、もう500円で済むんです、支払いが。
その医療証いうのは、今度ね、お世話になったその病院が教えてくれたんですよ。ほんで、検査ね、するのに費用がかかるから、役所へ行って、その医療証の申請をして、それをもろてきてくださいと。ほんなら500円で済みますから、言うて。で、そやから、こないだ、今、何か全部検査したのとかね、それ全部500円で済んでます。で、そやから、薬代も全部込みですよ。そやから、それをね、そやから病院、診察を受けたら500円でしょ。で、そこで薬の処方箋でしょ。薬局行くでしょ。ほんなら、その薬代はいりませんねん。めちゃめちゃ得なんですよ。

―― 本当ですね。

ええ。そやから、ほんまありがたいな思ってね、うん。あれは助かります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12143 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る