インタビュー内容テキスト

「これ、残念やけどな、もう認知症や」言うて。うん。もう、「これはもう治らん病気で、もう進行性の病気で、これは治らへん」。うん、言われてね、それが、それがきつかったんですよね、そう(笑)。うん。 そんでもう、愕然としまして。うん。ま、本人自身もね、その、どうなってんか、あんまり、こう、ピンと来てなかったと思うんですよ。うん。そやけど、僕自身がね、「えー!」思てね、うん。めちゃめちゃ残念なショックを受けましたね。
というのはやっぱり、ねえ、そういう…店の開業と同時に縁があって一緒になって、ほんでこのかたまでずっとね、やっぱり一緒に、苦労してもらって、うん。で、この先やっぱり、あとね、もう旅行などいろいろ楽しみ持って、自分の趣味であれ仕事でもちょっとやって、楽しやっていきたいな、いう、そういう感じで。やっぱり店をずっとね、やってきた、その後の話やから。それはほんまもう、めちゃめちゃショック、やっぱり受けましたね、うん。
で、そんなんで、やっぱり、その年ね、やっぱり、もういろんなとこ、ばたばたしましてね。とにかく、そのときはもう顔色がもう、全然もう、それは子どもたちが、誕生会、どっちも、僕も家内も2月なもんで誕生会やってくれたんですよね。ところがやっぱり、写真もありますけども、とにかくもう、あの人の精、精一杯の笑顔がね……もう笑顔じゃないんですよ、うん。………(涙をこらえる)そやから、それがあのー、やっぱり大きな一番のショックでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言