※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

―― 人生計画というか、あの、今、そのときに思い描いていた、その将来図と今の将来図と結構変わったなっていう感じってありますか、変化はやっぱりありましたか。

そうですね、まず、なる前はね、正直言うと何も考えられなかったですね。あほみたいに、毎日の生活の繰り返しで。仕事をして、元気にその日1日終わって、またあくる日も仕事して、ときどき、遊びに行くとか、楽しみを、そのゴルフだとかいろんなので楽しんでくる。そのときは、全く、その将来のことなんて、全く考えなかったですね。うん、まあ、だけど、前立腺がんになってみて、あの、自分の人生振り返ってみると、何をしてきたかなと。自分が、その生きてきて、その過去に、自分の存在感そのものが、全くなくなったときに、あ、いたかなというぐらいの感覚しかないのに、これは自分がこの世にいたことの証明というのかね、そういうのが、何か残したいなあと、うんあの、子どもたちにも、まあもちろん家内にも、そういうことを思って、それではと思って始めたのが、まあ、絵を描くことだったんですけど。へたな絵にしても何にしても、まあ、そのものが残れば、あ、そういえば、こういう人がいたなとか、おじいさんがいたなとかっていうことが残るでしょう。だから、そのことが、ああー自分の人生に、その価値観というのか、を、その見つける一つの何かを残したいというのが一つ頭にあって、それが、大きく変わりましたね。

―― その、お気持ちの変化ですね。というものは、ご自身にとっては、どうなんでしよう。前向きな変化なのか。そういうふうにとらえてよろしいのかどうか。

そうですね。前向きでしょうね。ええ。あの…人間ね、わたしがずうっと考えて、えーと、病院でも、その、もう数ヶ月ですよって言われてから、死っていうことに対して、死は何だろうということを考えながら、いろいろ、本も読んだりしましたけど。結局、結論はでませんので、まあ、自分がこの世に存在した、証を一つ残せればいいなと思う意味で、私の友人で絵を描く方がありましてね。その方が、作品展やられたり、いろんなところで活躍してみえますんで、ああ、あの人はいいなあ、ああいう作品が残るからと思ってうらやましく思った時期もありましたけど、自分がそういう状況になるとは、全く考えてなかったんで、ああ、じゃ、わたしも描いてみようかというのが、一つあったし。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る