※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

検査した結果、前立腺がんだということが、判明しましたね。で、その時点では、もう既に、骨にがん細胞が転移しておりまして。えー、腰椎と頚椎の一部が、すでに変形を始めていますと、それで、そこから、痛みが来ていますんでということで、もう、骨に転移をしてしまいますと、もう、多分、長くは生きられないだろうということを通告されました。

――そのときの痛みって、あの、どんな感じの痛みなのか、もう少し教えていただいてもいいですか。

はい、痛みはね、多分、皆さんには、伝わらないと思いますけど。もう、何とかしてほしいと思う。もうとにかく、この痛みだけはとってほしいと。まず、立って歩けないですよ。ええ、だから、四つんばいで移動しますね。で、夜寝ていても痛いんですよ。もう、それはそれはつらい痛みで、で、おなかの周りも全て痛いんですよ。はい。で、とにかく、その痛みだけ、もう整形(外科)だと思っていますから、始めから、わたしは。そのために、鍼(はり)もいきましたね、ええ、それで灸、お灸もやっていただきましたし。整体も行きましたけど。基本的には、全くよくならなくて、もうこれは駄目だと思って総合病院へ行きましたが。そこでも、少しの間、今の痛み止めをいただいて、うん、様子見ということでしたので。まだ、全然、そのがんの、がの字も思っていなくて。とにかく、痛みだけとってほしいということを、先生に言いましたけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る