※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

――で、あの、痛みが実際、こうやわらぎ始めたのは。

そうですね、退院する2週間ぐらい前かな。ええ。ま、そのころからは、痛みもあの、徐々にやわらいできて、で、モルヒネの量も少しずつ減ったみたいですけど、その辺は、わたしも詳しいことは分かりませんけど。退院するときも、痛みはありましたし、退院後も、そのモルヒネをいただいてましたからね。で、それから、あの、痛みが全くなくなってから、車いすを下りて少し歩いてみるかという、うちの中ですね。で、歩いてみるかということを、言われたのは、1年半ぐらい経ってからですかね。はい。

――1年半経ってようやく、痛みが全くなくなった。

もう、そのときは、全くありませんでしたね。

――で、それまでは、モルヒネのほうもずっと使われていたんですか。

あの、モルヒネはなかなか出してくれませんので、で、もう、10ミリグラムぐらいになって、で、それを退院後半年ぐらい…いただいたかなあ?で、もう、痛みでも、耐えられない痛みじゃないんですよ、もうその頃になったときは。で、もう、定期的に、あの、受診しますんで、で、「どうですか」って言われて、「ああ、少しありますけど」ということで、もう今の、本来のモルヒネじゃなくて、痛み止めの軽いのですか、うん、そういうので補っていましたね。はい。だから、モルヒネ使ったのは、退院してから、半年…ぐらいかなあ、うん、出してくれたのは。あれなかなか薬局で出してくれませんので。あの、そういう看護婦さんの指示で、あの、もらってくるということで。が、病院のほうも、多分、その痛み止め、ほかの痛み止めだったら、全然問題ないと思うんで、痛みが小さくなったときに、ま、それに替えられたと思いますけど。ま、それから、どんどん痛みがなくなりまして。もう、おうちの中で歩けるようになりましたんで。その全っ然、 生活が変わりましたね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る