※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

―― あの、奥さまには、あの、どのタイミングでそのご自身がその前立腺がんだっていうことが分かったんですか。

わたしは、あの、主治医の先生に、聞かされたそのあとに、主治医の先生から、家族を呼んで何かそういう報告があったみたいですね。状況の、あの、説明がね、はい。で、その時点では、やっぱり、わたしよりも家族のほうが、あの、何ていうのか、その病気に対する心配はしていたみたいですね。はい。

―― ああ、それは、あの、どんなところから、そういうふうに感じられましたか。

あの、あとで聞きましたけど、やはり、病院の病室の部屋でいるその姿と、おうちへ帰ってからの家族子どもたちとの話の中で、あの、やはり、そういう暗い話というか、悲壮な話を、まあ、私がとにかく長く生きられないという、そのことを覚悟して、非常につらい思いをしたみたいですね。子どもも家内も、はい。で、それは、あくまでも、そのときはわたしは分かりませんでしたけど。あとで聞くと、とにかく、その明るくふるまえないと。つらい顔で、その仕事も従事しないといけないということで、精神的にかなりつらかったかなということは、あとで聞きましたけどね。わたしよりも、家族のほうがそういう思いが大きかったかなと思いながら、あー、でも、元気になら、なれたからよかったかなと、今は感謝していますけどね。

―― あとっていうのは、いつぐらいにそういうお話ができるようになったんですか。

えーとですね、1年ぐらいたったときに、ぽっと子どもが話してくれましたね。ええ。「あのときのお母さんは大変だったよ」って言って。

―― それまでは、じゃ、あまり、そういうご家族の話は。

うーん、だから、明るくふるまっていますから、まあ、それほどでもなかったかなと思っていたけど。それ聞いたときは、ああそうかと、うん、心配してくれたんだな、つうことは思いましたね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る