※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

――経済的な負担は、やっぱり、あの、軽くはないという感じですね。

そうですね、結構、皆さんそうだと思いますよ。うん、あの、お知り合いの方も、いろんなそういう、あの、治療で費用がかかりますって言われますんで。あの、決して、だから、その保険の利かない薬だとかいうのもあるかも分かりませんけど。ま、できるだけね、保険がかからない薬って、とてもじゃないけど、もう、経済的に負担が重くて、病気どころじゃなくなっちゃうなあということは思いますね。うん。

――ご自身としては、その治療の中に、そういう保険が利かないようなお薬っていうのは、あまり積極的には。

うん、まあ、無理でしょうね、やっぱり、経済的にもねえ。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る