※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

最初は全くね、その前立腺がんのことなんぞ頭になくて、2000年の秋ですね。ちょっと腰が重いかなっていうことを感じはじめまして。で、お風呂へ入ると楽になりますんで。ああ、これは腰だから、ちょっと休めばいいかなということで日曜日とかじっとして、また月曜日から仕事を始めるというそういうパターンで過ごしていましたけども。だんだん痛みが出てきまして。12月ごろにね、とにかく車に乗るのも大変だったんですよ。で、それで近くのお医者さんへ行って聞きましたら、まず「整形行かれたらどうですか」っていうことで、整形外科へ通いました。で、2ヶ月ほど通いまして、12月と1月ですね。で、MRIもそこの整形にはありましたんで、2度ほど撮りまして。それでも、痛みが引かなかったんですよ。そのうちに、もう、何ともならない痛みがきまして。で、町医者に相談しましたけど。総合病院へ1度行ってみるかということで。総合病院へ行きましたね。で、そこでも、いわゆる整形の受診をしまして。で、MRIの予約をとって、痛み止めをいただいて帰りました。それから2週間ぐらい経って、その予約の日に…日が来ましたんで、総合病院に行きました。そうしたら「即入院してください」ということだったんですよ。もうとにかく痛みがありますんで、まず整形の先生に、痛みをとってほしいということで、お話をしましたけど、結局、泌尿器科へ診察していただくようにということで、泌尿器科へ移動しまして、入院中ですね。そこで、いわゆる、前立腺の細胞をとりまして、検査した結果、前立腺がんだということが、判明しましたね。
痛みはね、多分皆さんには、伝わらないと思いますけど。もう何とかしてほしいと思う。もうとにかく、この痛みだけはとってほしいと。まず、立って歩けないですよ。ええ、だから四つんばいで移動しますね。で、夜寝ていても痛いんですよ。もう、それはそれはつらい痛みで。で、おなかの周りも全て痛いんですよ。はい。で、とにかく、その痛みだけ、もう整形だと思っていますから、始めから、わたしは。そのために、針もいきましたね、ええ。灸、お灸もやっていただきましたし。整体も行きましたけど。基本的には全くよくならなくて。もうこれは駄目だと思って総合病院へ行きましたが。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(45) "症状のはじまりと受診のきっかけ" ["slug"]=> string(8) "hajimari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "症状のはじまりと受診のきっかけ" ["category_nicename"]=> string(8) "hajimari" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る