※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

もう腰は、コルセットで固定、首は、プラスチックで作ったカラーで固定ということで、寝たきりの状態で、えーと、骨に放射線を、えー、2ヶ所、変形を始めた骨に放射線を2ヶ所照射しながら、えー、前立腺がんのほうは、えーと、ホルモン治療だということで、始めていただきましたね。それで、治療が始まって、もうとにかく、痛みがありますんで、痛みを優先的にとってほしいと思いながら、まあ、お医者さんの指示に従ってましたけども。だんだん、食欲がなくなってしまいまして、体重もどんどん落ちてきましたんで、もう、こんなつらい 思いをするんだったら、もうちょっと治療を中止してほしいと、中止してくださいということを主治医のお医者さんに申し出まして、で、中止をしていただいたんですよ。
で、その間、1週間くらい間があったかと思いますけど、ホルモン治療を進めながら、食欲を回復するのを、とにかく待たないと、わたし自身がつらいということで、病院の食事はすべてキャンセルしました。食べられないんですよ。それで、もう、うちの家内がですね、毎日食事を作って持ってきてくれましたね。ええ、わたしの好きそうなのを。で、それは、最初はね、そんなにたくさん食べられなかったんですけど、もう、メロンを1切れぐらい、1日に食べられるようになってから、少しずつ食欲が戻ってきましたんで、それで、治療を再開していただきまして、それからは食欲が落ちるということはありませんでした、はい。
結局ね、あれ、わたしあとで、多分分かったと思いますけど。首とそれから背骨の、あの、放射線治療で、多分、背中が真っ黒だったそうですよ。うん。だから、胃のほうまで、多分、その影響が出て、食べられなくなったんじゃないのかなということを、あとで何となくそんな気がしましたけど。もう、今は、その真っ黒な状態も取れましたけど、もう背中、その放射線で、黒くなってしまいましたって言われたの。わたし自身では、見られませんけど、家内がね、「背中真っ黒だったよ」って言って、あとで教えてくれましたからね。だからその影響もあって、やめたのが、食べられる最初の条件だったかなということは思いますね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12178 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る